着床障害 | 木場公園クリニック

着床障害

着床障害とは

体外受精や顕微授精で良好な受精卵(胚)を数回子宮に戻しても妊娠しないことを着床障害と言います。
着床障害の方には、
  • 着床前胚染色体異数性検査
  • TRIO検査
  • Th1/Th2検査
  • 子宮鏡
  • 不育症検査
などを行います

着床前胚染色体異数性検査

PGT-A(Preimplantation genetic testing for aneuploidy)とは、体外受精や顕微授精によって得られた胚の染色体数を、移植する前に調べる検査です。欧米では流産を防ぐ目的ですでに実施されていましたが、日本でも以下の患者様を対象として、着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)の有用性に関する多施設共同研究が開始されました。
東京の木場公園クリニックは、日本産科婦人科学会から、「反復体外受精・胚移植(ART)不成功例、習慣流産例(反復流産を含む)、染色体構造異常例を対象とした着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)の有用性に関する多施設共同研究」の研究分担施設として承認を受けています。
実施は日本産科婦人科学会登録施設のみとなります。

研究対象の患者様

  • 体外受精または顕微授精などのART治療において、直近の胚移植で2回以上連続して臨床的妊娠が成立しない方。
  • 直近の妊娠で臨床的流産を2回以上反復し、流産時の臨床情報が得られている方。 ご夫婦両方の染色体検査の結果、いずれかに均衡型構造異常が認められる方(検査必須)や、子宮形態異常、または抗リン脂質抗体症候群の方を除きます。
  • 夫婦いずれかにリプロダクションに影響する染色体構造異

TRIO検査

ERA(子宮内膜着床能検査)、EMMA(子宮内細菌叢検査)、ALICE(慢性子宮内膜炎の原因菌検査)の3種類の検査をまとめて同時に調べるために、TRIO検査と言います。

Th1/Th2検査

妊娠は自分(Self)の遺伝情報が半分、男性の遺伝情報(Non-self)が半分で出来ているため、免疫学的に見ると異物と言えます。
しかし、妊娠中は免疫学的寛容が働いて(免疫が見て見ぬ振りをしてくれて)妊娠している部分は女性の体から攻撃されないように守られています。
リンパ球には免疫系の細胞達に指令を出すヘルパーT細胞があります。エイズではこのヘルパーT細胞が機能しなくなるため、免疫系がズタズタにされます。ヘルパーT細胞には1型のヘルパーT細胞(Th1)と、2型のヘルパーT細胞(Th2)があります。この二種類のヘルパーT細胞によって免疫バランスが保たれています。Th1値が高く、Th2値が低い人では、着床障害や妊娠しても妊娠している部分が女性の体から攻撃を受けることがあります。
このような方には免疫抑制剤のプログラフが有効とされています。
全く妊娠判定が陽性にならない着床障害の方は、胚移植日からプログラフを使用します。
妊娠判定がくっきり陽性になるが流産を繰り返す反復流産の方は、妊娠3週5日(胚盤胞移植の時は胚移植後1週間後)で妊娠判定をして、陽性ならその日からプログラフを開始します。プログラフはTh1/Th2比が、15.5から19では1日1錠、19から22.5では1日2錠、22.5以上では1日3錠使用します。また、Th1値が29以上の時は。プログラフを1錠追加します。分娩日前日までの使用が有効とされています。

子宮鏡

経膣の超音波検査では子宮腔は正常と診断していても、マイクロポリープ、軽度の癒着、
発赤が認められることがあります。
マイクロポリープや軽度の癒着があるときは、
胚移植の前の周期に子宮内膜掻爬術を行います。
発赤が認められたときは、抗生物質による治療を行います。

不育症検査

抗リン脂質抗体症候群といった自己免疫性疾患などがないかを調べます。
バファリンやヘパリンなどによる治療を行います。

木場公園クリニックの特徴

木場公園クリニックは体外受精・顕微授精に特化したクリニックです。
少しでも安心して不妊治療を受けていただけるよう、
様々なトータルソリューションをご提案・ご提供いたします。

海外・国内の学会参加による
世界レベルの最先端の治療を追及

開院以来20年にわたり診療で蓄積された診療経験や検査・治療の結果、症例をもとに、
より良い不妊治療の成果を出すために、日々行っている研究や検討を紹介しています。

詳しくみる

着床前胚染色体異数性検査
(PGT-A)

東京の木場公園クリニックは、日本産科婦人科学会から、「反復体外受精・胚移植(ART)不成功例、習慣流産例(反復流産を含む)、染色体構造異常例を対象とした着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)の有用性に関する多施設共同研究」の研究分担施設として承認を受けています。

詳しくみる

胎児精密超音波検査について

胎児精密超音波検査では胎児の形態異常や構造異常の評価、胎盤臍帯の評価を超音波を使って詳細に行います。
これまで胎児の一般的な超音波スクリーニング検査は妊娠20週前後で評価するのがbestと考えられてきましたが、超音波診断装置の技術の向上と診断技術の改良により妊娠の早い段階で胎児の構造を観察することが可能となりました。

詳しくみる

卵巣刺激
(高刺激・中刺激・低刺激・自然周期)

女性の実年齢と卵巣年齢がイコールではないため、それぞれの方の卵巣の状況に応じて刺激法を選んでいます。
当院では高刺激の患者様と低刺激の患者様の割合は半々です。
高刺激と低刺激のどちらがいいのかではなく、体外受精や顕微授精を行う施設として重要なことはいろいろな卵巣刺激法を選択肢として持っていることです。

詳しくみる