着床前胚染色体異数性検査(PGT-A) | 木場公園クリニック 

不妊治療・不妊症・男性不妊・体外受精・顕微授精など高度生殖医療

HOME着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)

着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)
pgt-a

PGT-A(Preimplantation genetic testing for aneuploidy)とは、体外受精や顕微授精によって得られた胚の染色体数を、移植する前に調べる検査です。欧米では流産を防ぐ目的ですでに実施されていましたが、日本でも以下の患者様を対象として、着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)の有用性に関する多施設共同研究が開始されました。
東京の木場公園クリニックは、日本産科婦人科学会から、「反復体外受精・胚移植(ART)不成功例、習慣流産例(反復流産を含む)、染色体構造異常例を対象とした着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)の有用性に関する多施設共同研究」の研究分担施設として承認を受けています。
実施は日本産科婦人科学会登録施設のみとなります。

研究対象の患者様
1)体外受精または顕微授精などのART治療において、直近の胚移植で2回以上連続して臨床的妊娠が成立しない方。
2)直近の妊娠で臨床的流産を2回以上反復し、流産時の臨床情報が得られている方。
ご夫婦両方の染色体検査の結果、いずれかに均衡型構造異常が認められる方(検査必須)や、子宮形態異常、または抗リン脂質抗体症候群の方を除きます。
3)夫婦いずれかにリプロダクションに影響する染色体構造異常(均衡型相互転座、ロバートソン転座)を有する方。

検査が実施できるかなどについては外来またはお問い合わせメールで相談してください。

HOMEへ