胚盤胞培養・移植について | 木場公園クリニック 

不妊治療・不妊症・男性不妊・体外受精・顕微授精など高度生殖医療

HOME不妊治療について胚盤胞培養・移植について


不妊治療について
胚盤胞培養・移植について
胚盤胞移植とは
通常、胚移植は採卵後2~3日目に行っていますが、採卵後5~6日目まで胚を着床直前の胚盤胞まで培養してから子宮腔内に移植する方法です。

胚盤胞移植メリットは
着床直前の胚盤胞を子宮腔内に移植することで、より生理的に近い状態の胚を戻すことができ、着床率が上がります。着床率が上がることで、移植する胚の数を1個までに減らすことができ、多胎妊娠の予防にもつながります。

このような利点がありながら、この胚盤胞移植は実際にはあまり行われていませんでした。今までは胚が胚盤胞まで成長する率が低かったためです。しかし現在では、従来の卵の培養に使用していた培養液とは組成の違う液を使用することにより、その確率が上がってきたので、よく行われるようになりました。

不妊治療について