顕微授精について | 木場公園クリニック 

不妊治療・不妊症・男性不妊・体外受精・顕微授精など高度生殖医療

HOME不妊治療について顕微授精について


不妊治療について
顕微授精について
顕微授精には、透明体部分切開法(PZD)、囲卵腔内精子注入法(SUZI)、卵細胞質内精子注入法(ICSI)がありますが、現在行われているのは卵細胞質内精子注入法(ICSI)です。

ICSIは、1992年にベルギーで開発された方法で、卵細胞の中に直接針を使って、精子を一匹注入する方法です、ICSIでは、高度の乏精子症や精子無力症の症例、また精巣内にごくわずかしか精子がいない症例でも妊娠・分娩が可能になりました。
ICSIを用いると、射精精子、精巣上体精子、精巣精子どこの精子を用いても受精率、分割率、妊娠率にほとんど差はありません。
体外受精と違う点は、卵を採取した後、ヒアルロニダーゼという酵素で、卵のまわりの卵丘細胞を取り除き卵を裸にします。
次に、精子をPVPと呼ばれる精子の動きを少なくする粘張性のある液の中に混ぜて、その中でインジェクションニードルで精子の動きを止めた後、インジェクションニードルの中に精子を吸引して入れます。次にホールディングピペットで卵を固定して、インジェクションニードルを卵に刺して、精子を一匹注入します。

体外受精や顕微授精を成功させるキーポイント!
ART(体外受精・顕微授精)の成績の影響を及ぼす大きな6つの柱には、ART実施前の検査、ovarian reserveを評価した適切な卵巣刺激、採卵、Laboratory work(Quality Control, Quality Assurance)、胚の選別と胚移植、黄体補充があります。この柱のどの部分が悪くても良好な妊娠率を得ることができません。
ART成功のポイント詳細はこちら

不妊治療について