卵管因子による不妊症の場合 | 木場公園クリニック 

不妊治療・不妊症・男性不妊・体外受精・顕微授精など高度生殖医療

HOME不妊治療について卵管因子による不妊症の場合


不妊治療について
卵管因子による不妊症の場合
卵管鏡下卵管形成術
卵管は子宮の左右に1つずあり直径は狭いところで1mm程度です。この卵管が詰まっていたり、狭くなっていたり、癒着していることで、卵子や精子が卵管を通ることができない「卵管性不妊症」の患者様を対象にした内視鏡の一つが「卵管鏡下卵管形成術(FT)」です。
体に負担の少ない治療法で、カテーテルと呼ばれる細い管を経膣的に子宮や卵管に挿入し、内視鏡で卵管内の状態を確認したり、癒着を剥離して通過性を回復させていきます。

不妊治療について