低反応レベルレーザー治療(LLLT) | 木場公園クリニック 

不妊治療・不妊症・男性不妊・体外受精・顕微授精など高度生殖医療

HOME不妊治療について低反応レベルレーザー治療(LLLT)


不妊治療について
低反応レベルレーザー治療(LLLT)
低反応レベルレーザーは、全身、子宮、卵巣の血流を増加させる効果があります。

アザやホクロを取る強い光の外科的レーザーとは違い、身体に傷をつけることのない弱いレーザーです。

女性には、首にある星状神経節近傍部とお臍の周囲にレーザーを照射します。

治療用レーザーとして厚生労働省の承認を得た機械を使用しています。

不妊治療においての効果
 ・ホルモンバランスの改善
 ・子宮や卵巣への新しい結果が増殖し血液が増える
 ・子宮がやわらかくなり成長
 ・子宮内膜が厚くなり着床しやすくなる
 ・卵管が太くなり卵子が通りやすくなる
 ・未成熟卵が成熟卵に
 ・採卵数の増加
 ・過激なアレルギー反応を抑えることで受精卵が着床しやすくなる
 ・流産しにくくなる
施術時間:約20分間 費用:税込5,400円
ご希望の方は、インターネット予約からご予約ください。

予約が空いている時は、当日予約も可能です。

不妊治療について