子宮内膜症による不妊症 | 木場公園クリニック 

不妊治療・不妊症・男性不妊・体外受精・顕微授精など高度生殖医療

HOMEはじめに / 不妊症の定義・原因子宮内膜症による不妊症


不妊症定義・原因
子宮内膜症による不妊症
子宮内膜は、子宮体部の内腔にある膜で卵巣から分泌されるホルモンの影響で肥厚し、妊娠しないとはがれて月経が起こります。子宮内膜症とはこの子宮内膜が子宮内腔以外の、骨盤の腹膜や卵巣などの中に入り込んでいる症状のことをいいます。子宮内膜症があると月経痛がひどくなったり、性交時痛が起こります。

子宮内膜症には、子宮筋層内にできる内性子宮内膜症(子宮腺筋症)と子宮以外の臓器にできる外性子宮内膜症があります。また、卵巣にできたものをチョコレート嚢腫と呼びます。

いろいろな検査をして原因が判らない場合、腹腔鏡検査を行うと約35%で子宮内膜症が発見されます。

症状がひどくなり、卵巣にチョコレート嚢腫ができると正常な卵巣組織が少なくなって排卵が起こらなくなったり、黄体化未破裂卵胞症候群が起きたりします。

また、卵管が子宮に癒着すると、卵のピックアップができなくなる事もあります。

不妊症の原因