子宮因子による不妊症 | 木場公園クリニック 

不妊治療・不妊症・男性不妊・体外受精・顕微授精など高度生殖医療

HOMEはじめに / 不妊症の定義・原因子宮因子による不妊症


不妊症定義・原因
子宮因子による不妊症
先天性子宮奇形

子宮は、左右のミュラー管がひっついて発生する臓器です。その癒合の異常によって、先天性子宮奇形が発生します。

先天性子宮奇形には、弓状子宮、不全中隔子宮、中隔子宮、双角単頚子宮、双角双頚子宮、分離重複子宮、単角子宮があります。

子宮筋腫

平滑筋でできている子宮の筋肉から発生する良性腫瘍で、石のように固い腫瘍です。約5%は子宮頚部に発生し、約95%は子宮体部に発生します。

発生部位によって、筋層(壁)内筋腫、しょう膜下筋腫、粘膜下筋腫に分類されます。

粘膜下筋腫ができると、月経の量が多くなります。

不妊症ともっとも関連があるのは、粘膜下筋腫です。

子宮内膜ポリープ

子宮内膜が有茎上に発育したもので、子宮卵管造影、超音波検査や子宮鏡などによって発見されます。

子宮内腔癒着症

子宮内膜の炎症後に、子宮の内腔がひっついたもので、子宮内容清掃術(人工妊娠中絶術や自然流産後の手術)や分娩の後に発生し、癒着の程度がひどくなると月経量が少なくなります。

子宮内膜機能異常(黄体機能不全)

排卵後の卵胞から黄体ができ、そこから黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されます。黄体ホルモンは視床下部にある体温調節中枢に作用して基礎体温が低温相から高温相になります。また黄体ホルモンは排卵前に卵胞ホルモンの影響によって約1cmぐらいになっている子宮内膜に作用して、着床しやすい内膜に変化します。

子宮内膜機能異常は、その黄体ホルモンの分泌が悪いか、子宮内膜の反応が悪い時に発生します。

不妊症の原因