不妊治療・不妊症・男性不妊・体外受精・顕微授精など高度生殖医療

HOMEはじめに / 不妊症の定義・原因


不妊症定義・原因
不妊症の定義

男性不妊、女性不妊に関わらず、2年間夫婦生活を営んでいても、妊娠しない夫婦を不妊症といいます。

100組夫婦がいると、最初の1年目で80組の夫婦が妊娠し、次の1年で10組の夫婦が妊娠します。

つまり残る10組(10%)の夫婦が不妊症ということになります。

しかし、女性の結婚年齢が高くなったことなどにより、不妊症は10%よりも増加してきています。

最近では1年間妊娠を希望しても、妊娠しない夫婦を、不妊症と定義するようになってきました。

WHO(世界保健機関)による、不妊症の7273カップルの調査によると、不妊症の原因は41%が女性のみ、24%が男女ともにあり、24%が男性のみ、11%が原因不明です。

つまり男性に不妊症の原因のあるカップルが約4組に1組、男女ともに不妊症の原因のあるカップルも約4組に1組もありますので、不妊症の検査は夫婦ともに受けることが原則といえます。

木場公園クリニックでは、約4割のカップルに男女ともに不妊症の原因があります。

不妊症について学ぶには、正常な妊娠の成立を知ることが大切です。

妊娠そのもののしくみについての詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

不妊症の原因