理事長あいさつ | 木場公園クリニック 

不妊治療・不妊症・男性不妊・体外受精・顕微授精など高度生殖医療

HOME理事長あいさつ


理事長あいさつ
理事長あいさつ
――不妊治療はカップルで行なうもの。――
皆さんこんにちは。理事長の吉田淳です。

私は女性・男性不妊症の両方を一人の医師が診察・治療できる施設として、1999年に木場公園クリニックをオープンしました。

従来の不妊治療は女性が産婦人科、男性が泌尿器科と、治療する科や医師が分かれています。

私は、不妊治療において産婦人科と泌尿器科の垣根をなくし、基礎知識を共有し、連携することが重要だと考えています。

この理念のもと、男女ともに不妊症の原因がある患者様が木場公園クリニックに多くいらしています。

不妊症はカップルの病気です。

不妊症の原因は、女性のみ41%、男性のみ24%、男女両方にあり24%、原因不明11%で、男女両方に不妊症の原因のあるご夫婦が約4組に1組あります。

夫婦でよく話し合ってどのような治療を選択するのかを決めることが重要です。

当院では患者様の体の状況にあった治療法を検査結果から分析し選択しています。

女性の実年齢と卵巣年齢がイコールではないため、それぞれの卵巣年齢に応じて適切な卵巣刺激(高刺激・低刺激・自然)をかけています。

私たちは、ご夫婦にとって何が最優先なのかを考えながら治療を進めること、

患者様と同じ目線に立つことを心がけています。

2014年 8月

理事長 吉田 淳

理事長著編書
木場公園クリニック理事長は、不妊症治療の情報収集のため、海外や日本国内の不妊症専門施設の見学、研修を数多く積んでいます。“不妊症はカップルの問題”と提唱し、日本では数少ない女性不妊症・男性不妊症の両方を診察・治療できる生殖(リプロダクション)専門医です。
赤ちゃんが欲しい大百科
監修:吉田淳(木場公園クリニック理事長)
発行:2014年2月
体裁:23.4 x 18 x 1.8 cm/192ページ
定価:1,400円+税

内容紹介
不妊治療と妊娠力アップのコツがビジュアルでわかりやすい! 日本唯一の妊活雑誌『赤ちゃんが欲しい』の総集編、最新改訂版です。
『赤ちゃんが欲しい』の編集部が総力をあげてまとめたロングセラーの大百科に、最新情報を加えてリニューアル。書き込みやすさにこだわった「オリジナル基礎体温表」もついていて、ベビー待ちカップル必読の1冊です。

すぐに役立つ ART実践マニュアル -木場公園クリニック式method-
編著:吉田淳(木場公園クリニック理事長)
発行:2005年12月
体裁:A4版/352頁/図164/表113
定価:9,500円+税

内容紹介
欧米の一流ARTクリニックの施設と診療レベルを目指し日々奮戦している著者が率いる木場公園クリニックの、考え方、実施体制と態様を詳しく解説し系統的にマニュアル化した指針書。数から質へ、1%でも妊娠率を上げるためにぜひともそばに置いて頂きたい良書。