Dr. よっしーのブログ

Dr.よっしーのInstagramから投稿

Dr.よっしーのInstagramから投稿

.採卵2.体外受精や顕微授精を実施する上で、最優先事項は『安全第一』です。滅菌コンドームが破れても患者様が危険にさらされないようにするために、経膣プローブ専用高水準消毒器を使用しています。アメリカでは、経膣プローブの消毒にnanosonics社の経膣プローブ専用高水準消毒器Trophon EPRを使用することがFDAにより義務付けられています。木場公園クリニックでは、日本で初めて、採卵に使用する経膣プローブ専用の高水準消毒器Trophon EPRを導入しました。具体的にTrophonを使用した経膣プローブの準備法を説明します。Trophonの中に使用前の赤色のケミカルインジケータを入れ、経膣プローブをTrophonにセットすします。ドアを閉めて、ボタンを押して、高水準消毒をスタート、7分間で終了します。ドアを開けて、ケミカルインジケータが赤色から黄色に変わり、高水準消毒が確実に行われたことを確認します。手袋をつけて経膣プローブを取り出し、滅菌ガーゼで経膣プローブを拭いて、超音波装置に経膣プローブを接続します。滅菌コンドームに滅菌エコーゼリーを入れて経膣プローブに滅菌コンドームをかぶせて、採卵用のガイドを装着します。#木場公園クリニック#体外受精#顕微授精#精巣内精子回収法#統合医療#オジリートドクター#運動療法#トレーニング#パワープレート#ホグレル#木場公園トレーニングセンター#不妊治療#エコー#超音波検査#Vitrolife#GE#子宮移植#PGDIS#PGT#着床前検査#漢方#整体#栄養#love#栄養解析#サプリメント#ERA#子宮内膜着床能検査

Posted by Intagrate Lite